お役立ちTips

ひろゆき 家庭内で虐待・性被害にあっている友人を助けるには?

ひろゆきさんが、「家庭内で性被害にあっている友人を助けるには?」という質問に自身のYouTubeで答えていました。

質問:家庭内で性被害にあっている友人を助けるには?

(質問)高校生の女友達に家庭内での性被害を相談されました。「警察に言った方がいいよ」と進言したものの「自分のせいで家族関係が破綻したら、生活苦になるかもしれないからそれはできない」と言われてしまいました。もし警察に伝えて、更なる二次被害が出ても私は責任を取れないので今もそのままにしています。ですが真実を知った以上、解決したい気持ちです。相談された立場の人間はどこまで足を踏み込んでいいものでしょうか?

回答:警察ではなく児童相談所に相談してください。

(ひろゆき)僕だったら、相談相手は警察じゃないですね。児童相談所ですね。
児童相談所に性被害があるって相談した場合って、その児童を保護するっていうのを児童相談所が積極的に動いてくれるんです。要は警察って、「被害があったんですね。分かりました。じゃあ家に帰ってください」ってなるんですけど、児童相談所の場合は「じゃあその子はうちで保護します」となり、各地域に女性センターみたいなのがあって、旅館みたいになってるんですけど。「じゃあ今日からここに住んでください」となります。

親からの仕返しがあるんだったら「ここにいるって言うのは表向き言いませんよ」という形で、住居を確保して安全を確保したうえで、その児童の権利だったり状況をよくするっていうのやってくれます。なので証拠を持って児童相談所に言ってみてください。証拠がないと相手にしてくれないって可能性もあるので。

-お役立ちTips
-,

© 2021 ノマドライフ Powered by AFFINGER5