エンタメ

【オリラジ中田敦彦】自分が天才だと思っている芸人について語る

オリラジの中田敦彦さんが自身のYouTubeで「天才だと思う人は誰ですか」との質問に答えていました。ジャンルの指定はなかったものの「自分が天才だとおもうお笑い芸人」について語っています。


スポンサーリンク

中田敦彦が転載だと思う人間

(質問)中田さんが天才だと思う人は誰ですか?

あー天才ね。なんの天才かにもよるんだろうけど。でもね、やっぱり色んな種類の天才がいます。というか、もう天才ぞろいかっていうぐらい、みんな理解できない能力を持ってるなと思います。近いところで言うと。

うーん。渡辺直美なんかね。

天才というか、もう理解できない凄さっていうのが発揮されてて、ずっと見ちゃいますね。渡辺直美がどうなるのかっていうのを。

だって僕が全く得ることのできない能力の塊なんで。なんかねえ、見ちゃうんだよなぁ。YouTubeもね最近やってますし、見ちゃうなぁ。

渡辺直美は多様性の象徴

生き様も好きなんです。渡辺直美ちゃんは。元々決して恵まれた環境じゃなかったんですよ。そこから吉本に身体ひとつで入ってきて、まずはモノマネ芸で行ったけれども。やっぱりインスタグラムのあたりから…なんかこう『多様性』の象徴みたいな。グレイテストショーマンみたいな。そういうメッセージ性すらも放つようになってきた。

なんか、女性芸人というものが抱えてきた、背負わされてきたもの自体をブッ壊すような。問いかけてくるような。そういう存在になってきている。それがめちゃくちゃ僕は興味深いですね。

どうしても容姿を背負わされてきた女芸人

女性芸人さんって、どうしてもやっぱり容姿によりがちだったと思うんです。もしくは、本当にずば抜けて作品性が高い、みたいなことが話題になる。モノマネの人とかコントの人とか、例えば、友近さんぐらいのずば抜けた作品性がある人とか。それ以外の方々は、すごい当意即妙の受け答えとか頭の良さとかいっぱいあるんだけれども、やっぱりいつまでたっても見た目のことを言われる人が多かった

まぁ国際的に見ても、日本のテレビ界はちょっと遅れてる、なんてところがあるじゃないですか。いまだにそんな弄り方してんのか、みたいな。それを端的に突きつける存在としての渡辺直美っていうね。「いいじゃん!かっこいいじゃん!」みたいな。そういうのが、うーんかっこいい。天才的だなと。そういうふうに思えます。

僕が、まったく理解も分析も獲得も出来ない力をもっていて、それで輝いているから「カッコいいなあ」って思いますね。

チョコレートプラネット&シソンヌ

あとは、ずっと見てきた芸人で言うと、チョコレートプラネットシソンヌ。彼らはほんとすごいなと思います。

■チョコプラは発明家
チョコレートプラネットって、結構デビューしてすぐに「キングオブコント」の決勝いくんですけど。もう何度も何度も「才能がある」って言われながらも、なかなかブレイク出来ずにいた。ずーっとコントが面白い人たちとしてやってきて、ちょっと前に大ブレイクしたのが、結果的にTT兄弟という(笑)なにでブレイクしてるんだ? て言うところがあるけど(笑) 彼らずーっと発明してるんですよ。僕の中で彼らは発明家。本当に発明がうまくて。2人ともね、発明家なんですよね

彼らのコントの歴史は、ぜひ見て欲しい。すっごい発明家。で、長田君のほうが美大を出てて、もともと物づくりがうまいから。そういうネタもすごい面白いし。ポテトチップスのネタだったかな? 業者が来るやつ。ああいうギミック作ってきたりとか、無茶苦茶すごいなと思いましたね。

チョコプラは1年後輩なんですけど。僕らがデビューして2年目になった時に、彼らが1年目で入って来て「絶対にチョコレートプラネットはいつか日の出を見る」と思っていました。そして、だいぶかかってるなーと思いながら。今いったなーっと思ってます。

シソンヌ

シソンヌの強みは、これ前も言ったかな? シソンヌはもう演技だよね。福田雄一監督に見い出されるような、そういう演技ができる。シティーボーイズみたいな、ああいう感じのオシャレなコントが武器だよね。

ああいうの、僕も本当にやりたかった。やりたかったんだけど全然できなくて。最終的に「でんでんでん」言いながら舞台から出ていくしかなかった(笑)シソンヌが売れてよかったな、すげーなーと思います。

スポンサーリンク

吉本が求めていた逸材『霜降り明星』

あとは霜降り明星じゃないですか。霜降り明星はすごいね。もう、吉本興業が一番欲しかった人材でしょう。まさにアレが欲しかったんでしょって思う。いわゆるもう王道の演芸が、得意すぎるのよ、本当に

漫才でチャンピオンになって、ピンネタでチャンピオンになって、それで、せいやがモノマネもできるでしょ。で、粗品は破天荒でしょ。ギャンブルが好きとか。吉本が今まで追いかけてきた、カルチャーそのものですよ。

霜降り明星は人を楽しませる演芸の最強系

やすしきよしさんとか、サブローシローさんとか、ダウンタウンさんとか、そういう演芸と破天荒と。その芸って言うもので人を楽しませるものの最強系ですよね。そんな年下の若手です。

あれを吉本はまさに欲しかったんだろうなと思う。だからいわゆる芸術で言うと「油絵超うまいやつ出てきた」みたいな。もうこっちはねぇ。本当に全然違うものを芸術だって言い張って頑張ってんだから。ざけんじゃねーっていうね(笑)

日本画が最高みたいな時に、太陽の塔作って「こっちもあるでしょうがっ!」とかってやってるのに、やっぱり日本画が超うまい人いるよねーみたいな。ちょっと待ってくれよ!みたいな。

こっちはM-1一等賞取れないのに冗談じゃねえぞ(笑)

勘弁してくれよもー。M-1なんかさ、やめようぜって言いたい方のタイプなんだから俺なんか(笑)もう、やめましょうよ。さいあく審査員とかのシステムやめましょうよとかね(笑) M-1やめましょうよっていいたいの。そんなこと言ったらヨシモト全員敵に回すんだけど(笑)

M-1をけなすなんて「なんやお前、全先輩に対して失礼だと思わんのか」とか言われそうだけど。でもできないですもん(笑)俺、漫才あそこで一等賞とれないんですから。やめましょうよあんなもん!て言いたいじゃないすか! そういう後輩がいてもいいんじゃないすか! そんなときに、なんでM-1獲ったあとR-1とってんだよ! ふざけんなよ! そんでYouTubeも伸びてるし。なんだお前たちはっていう。

霜降りはすべてが正当派

まあそこと戦うのが面白いんですけど(笑)漫画だったらもう一番面白いなと思うんです。

霜降り明星がやっているのは、だから僕が全部否定してきたカルチャーですよ。「演芸、もうよくないですか」「演芸グランドスラムで音楽やるから面白いんじゃないですか」 とか。僕らは「ならず者」としてやってきたのに霜降りは「全部正統派」っていう。ひとまわり下の正統派。スーツ着て「ども~っ」とか言って。片方モノマネ。片方、大喜利とピンネタと漫才。完全形。

冗談じゃねえぞつって。もう俺なんて反則技のデパートですからね。技のデパートじゃないんです。反則技のデパートです(笑)リズムネタだ!歌だ!そのあと教育系だーー!!YouTubeじゃーーー!!とかってやってるのに。全部邪道でいってんのに(笑)なにを全部正統できてんだって言う。だから面白いし見ちゃう。

霜降り明星と直美には負けたくない

戦いたいですよね。負けたくないなって思う。おもしれえって思う。見ちゃう、霜降り明星。負けたくないなぁ~。追い抜かれたくないなぁ~っていう感じ。

だから直美もそうです。やっぱインスタグラムでは勝てなかったけど、YouTubeでは勝ちたいじゃん! YouTubeでは追い抜かれたくないんだ!て、思っちゃうの俺。抜かないでくれ!渡辺直美と霜降り明星!って思っちゃう。うん。走り続けたい……さらけ出し過ぎましたね(笑)

(書き起こし終わり)

-エンタメ

© 2021 ノマドライフ Powered by AFFINGER5