観光スポット

東京都内でおすすめの庭園を厳選10選でご紹介

ここでは、東京都内でおすすめの庭園・公園をランキングしました

都内に住んでいると、自然に触れたくなるもの。しかし郊外まで行かなくても、都心のなかに緑のオアシスがあります。実際に行ってみて、本当におすすめな庭園だけをご紹介します。

良ければぜひ行ってみてください。


スポンサーリンク

東京でおすすめの庭園ランキングTOP10

第1位 新宿御苑

■場所:新宿

神宮外苑の西北部に所在し,明治12年5月新宿植物御苑となり戦後一般公開された国の庭園。千駄ケ谷門付近の整然としたフランス式庭園から,中央の広々としたイギリス式自然風景園を経て,池泉回遊型の日本式風景園に至るスケールの大きな名園です、土・日曜ともなれば都民のオアシスとしてにぎわいをみせています。

復元された明治時代の洋館、温室や日本庭園もあり 廻りきれない広さです。いたる所に季節の花が咲いていてとても癒やされます。また春には桜、秋には紅葉と、四季折々の自然が楽しめます。洋風庭園にはバラが植えられた庭もあり、池も3つはあるので、好きな場所をゆっくり散策できます。

広い野原もあるので、レジャーシートを持ち込んで、ごろ寝したり本を読むことが出来ます。中にスタバもあります。

第2位 上野恩賜公園

■場所:上野

上野公園は上野の中心にあります。明治初期に公園の指定を受けた日本でもっと歴史ある公園の一つです。上野恩賜公園という正式名称は、1924年には大正天皇より東京都に下賜されたことからきています。以来、人々の憩いの場として、また芸術と文化の中心地として優雅さと遊びの要素が見事なまでに融合された魅力溢れる公園となっています。

また素晴らしい美術館や博物館がたくさんあり、楽しみ方に事欠きません。桜が道の両端に埋まっており、春には桜の名所となります。

第3位 毛利庭園

■場所:六本木ヒルズ

■六本木ヒルズ

都会にいながら豊かな緑に包まれる六本木ヒルズ。四季を色濃く感じられる気持ちの良い風景の中で、生き物が育ち、自然を通じて癒やされます。周りにオシャレなお店も多く、楽しみながら散策できます。毛利庭園は、江戸時代の大名屋敷のなごりを今に伝える広大な日本庭園。池や渓流のせせらぎ、四季折々に変化する植物の変化を感じられます。またこの池にいるメダカは宇宙にいったメダカの子孫だそうです。

第4位 有栖川宮記念公園

第5位 六義園

■広尾駅から徒歩3分

麻布台地の変化にとんだ地形を生かした緑深い公園です。全体を見ると、丘があったり渓谷や池があったりと、自然を大切にした趣のある日本庭園といえます。園内は起伏に富み、東側の高台から西南側の低地に向けて大きく傾斜した地形になっています。園内には木が多く茂り、渓流が西南側の池に注いでいます。また大小2つの川が流れており、夏にはホタルが見えると有名です。

第6位 旧古河庭園

■駒込駅から徒歩12分

有名な建築家・ジョサイア・コンドルの最晩年の洋館があります。その洋館の前には、左右対称の幾何学模様の刈込のフランス整形式庭園と、石の欄干や石段・水盤など、立体的なイタリア露壇式庭園の技法を合わせバラと洋館と調和した絵画的な景観美となっています。中には、水を使わない「枯山水」や大滝があり、都会に居ながら自然に癒やされます。

第7位 小石川後楽園

■飯田橋駅から徒歩3分

江戸時代初期、1629年に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に 完成した庭園です。庭園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」になっており、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配し、中国趣味豊かなものになっています。また、当園の特徴として各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。

第8位 浜離宮恩賜庭園

■汐留駅 10番出口 徒歩5分

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。明治維新ののちは皇室の離宮となり、名前も浜離宮となりました。昭和23年(1948年)12月には国の名勝及び史跡に、同27年(1952年)11月には周囲の水面を含め、国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。

第9位 等々力渓谷公園

■東急大井町線「等々力駅」下車徒歩3分

大井町線等々力駅近くにある渓谷です。等々力渓谷の入口にある橋は、「ゴルフ橋」と呼ばれています。これは、昭和の初めに旧下野毛、等々力村に広大なゴルフ場があったことに由来しています。ゴルフ橋のたもとから階段を降りると、そこはまるで別天地の渓谷。多摩川に向かう谷沢川の流れに沿って散策路を歩むと、ついさっきまで街中にいたことがうそのような気分になってきます。等々力不動のみごとな桜、すがすがしい新緑、季節ごとに自然のすばらしさを
楽しめます。

第10位 多摩川台公園

■多摩川駅から徒歩2~3分

古墳を中心に老樹が多く、多摩川や丹沢山塊の眺望が良い。春は花見でにぎわう。見所の多い公園の一つ。春は桜、水生植物園は四季を通じて草花を楽しめる。また亀甲山に代表される古墳群。古墳のことが学べる古墳展示室。それに公園から望む多摩川の景色は特筆のもの。

まとめ

いかがでしたでしょうか。都内でも自然を楽しめる公園があり、時間をかけて郊外に出なくても、森林浴をすることができます。特に都内の公園は、近場に科学博物館や、食べ歩きできるお店や、美味しいお店が並んでいますので、自然を堪能するのと同時に、お店やカフェを楽しめるのが特徴です。

-観光スポット

© 2021 ノマドライフ Powered by AFFINGER5